久しぶりの良い天気の週末ですね。
気温も少しだけカモですが、
暖かくなってきているような感じです。

春と言えば、行楽シーズンですよね。
そんな時にお役立ちのもの。そう。帽子です。

今回は顔型別、似合う帽子の選び方です。

《キャスケット》 丸顔面長四角ホームベース逆三角
実はキャスケットはハンチングの一種です。
基本的にはキャップ型でボリュームの大きなキャスケットは、
かぶり方のアレンジで顔の大きさや顔型のタイプに関わらず、
誰にでも似合う帽子なのです。
丸顔タイプの方は、トップの形がしっかり出る生地のもので、
ツバが短めのデザインをお勧めします。

《ハンチング》 丸顔面長逆三角

イギリス貴族が狩猟用にかぶるようになったのが始まり。
細長くシックな形のハンチングは、すっきりとした印象を与えます。
比較的小柄な方や細身な方に似合う帽子とされています。
面長タイプの方はツバが広めでサイドから見て顔になじむ形のもの、
もしくは横幅に合わせてツバを広げると小顔効果が期待できます。

《ワッチ》  丸顔面長四角ホームベース逆三角
主にニット製のフィット感のある帽子。
リブを折り返すタイプやポンポンがすくタイプ等様々なスタイルがあります。
フリーサイズが多いですが、深くかぶったり、
浅くかぶってトップをたるませたり、
アレンジによって印象を変えることが出来ます。
丸顔タイプの方は顔幅より大きめを選ぶと

《キャップ》 丸顔面長四角ホームベース逆三角

正面にツバのある帽子の総称、スポーツからカジュアルまで年齢・性別を問わずに日常でかぶられることの多い、誰でも似合う帽子です。
ワークキャップのような天井が平のものは角ばって見えるので、逆三角形の方は注意が必要です。

《中折れハット》 丸顔面長ホームベース逆三角

トップに凹みがあるツバ付きの帽子。
顔の大きい方は大きめのデザインで“頭周り”と顔幅を合わせてツバ広めのものを選ぶのがお勧めです。
顔の小さい方にはトップに向かって細くなっているタイプがお勧めです。

《ハット》 面長四角逆三角

ツバが広めの帽子の総称。形、ツバのサイズは様々。
クラウンの幅が顔の横幅よりも大きいと引き締まって見えます。
髪の長い方は耳の前に髪をたらしてかぶると小顔効果アリ。
ツバが広くエレガントなデザインは背の高い方におススメ!

《ベレー帽》 丸顔ホームベース逆三角
スペインのバスク地方で民族衣装として使われ始め、軍隊に普及後、画家や芸術家にも愛用されトレードマークともなる象徴的な帽子です。
丸めて収納しても他の帽子より型崩れしない為、持ち運びにも便利。
丸顔タイプの人はポンポンの様なアクセサリー付きのものよりもシンプルな形のものがより似合います。

最後に。。。POINT!
顔型のタイプはほんの一例です。
気なったものは鏡の前で試すことが、似合うものを見つける一番の近道です。
似合わないと感じても、かぶる角度や、深さを調節することで、かぶりこなせるようになるかもしれません。
ぜひ、いろいろなタイプの帽子にチャレンジしてみてくださいね!