衿型

たくさんありますが、主にビジネスシーンで多く用いられている形はノッチ・セミノッチ・ピークです。
通常、シングルスーツにはノッチがつきます。ゴージライン(上衿と下衿の縫い目部分)が一直線なのが特徴です。
セミノッチは、ノッチのゴージラインが一直線だったのに対し、下衿の部分が少し上に向かって出っ張っているのが特徴です。
ダブルのスーツに標準についていたものが、本来のピークラペルです。剣先のようにとがった下衿が特徴です。
華やかな印象に見せてくれますので、パーティなどにおススメです。
最近では、既製品でのシングルスーツのピークラペルというのを見かける機会が減ってきていますので、人とはちょっと違うスタイルにした方にもいいかもしれません。
シングルスーツでもドレッシーな印象を与えてしまうので、銀行員などのご職業には少し不向きかも知れませんね。
衿幅の基本は、肩幅に合わせて衿幅とバランスをとります。
最近はゴージラインが高く、襟幅がやや狭いのが主流となってきています。
これに合わせて、肩幅も少し内側に入り、釦位置も少し高めのスタイルになってきています。
他にも、スタンドタイプのマオカラーなどもあります。
軍服が起源とされるスーツですが、軍服を開襟にしたときに残った第1ボタンの穴が、現在の背広ラペル(襟)に残るフラワーホールなんですよ。

< オーダースーツのトップへ戻る


オーダースーツについて

お値段
国産生地使用の場合、税抜¥49,000〜承っております。
ご来店の予約はこちら

縫製
縫製は国内で行っております。
取り扱い生地ブランドはこちら


上記箇所の他に下記の箇所等も、お客様のこだわりにお応えしております。

ジャケット
裏仕様 | ステッチ内容 | ステッチ箇所 | 特殊仕様

スラックス
ベルト | ループ | 腰裏 | 前立

ベスト
ステッチ内容 | 前釦 | 胸ポケット | 腰ポケット | 背裏


お客さまの声

ARMADIOでオーダースーツ・オーダーシャツをご依頼いただいたお客さまの、ご感想やオーダーの仕様などをお送りしております。

取扱いのスーツ生地のご案内

ARMADIOで取り扱っているスーツの生地ブランドのご案内です。縫製は国内で行っております。


オーダーに関する不明点やご来店のご予約は下記をご利用ください

  • ご利用案内

    オーダースーツのご注文から完成までの流れや、オーダーに関するよくあるご質問など。

  • お問い合わせ

    オーダースーツ・オーダーシャツに関する事からお店の事までお気軽にお問い合わせください。

  • 来店のご予約

    スーツ・シャツのオーダーをご希望のお客さまはこちらのフォームよりご希望のご来店日時をご連絡ください