袖仕様
既製服で多いのは実際には釦部分が開かないタイプの開き見せです。
いわゆる、「飾り」なのです。オーダーに多いのは、「本開き」。
実際に、開けられる仕様です。
これは昔、お医者さんが手術等をする際に、上着を脱がずに袖をまくりあげる様にするためと言われています。
昔は人前で上着を脱ぐことはタブーとされていた事にも関係していると思います。
日本でも高級スーツ=本開き(本切羽)という感があります。なぜなら、本切羽にすることで、袖丈の直しが出来なくなるからです。
開いてない状態であれば、ある程度の長さの調節が出来ますから。
ただ、好みもあるので開いていないからと言って、決して悪いものという訳ではないのです。

< オーダースーツのトップへ戻る


オーダースーツについて

お値段
国産生地使用の場合、税抜¥49,000〜承っております。
ご来店の予約はこちら

縫製
縫製は国内で行っております。
取り扱い生地ブランドはこちら


上記箇所の他に下記の箇所等も、お客様のこだわりにお応えしております。

ジャケット
裏仕様 | ステッチ内容 | ステッチ箇所 | 特殊仕様

スラックス
ベルト | ループ | 腰裏 | 前立

ベスト
ステッチ内容 | 前釦 | 胸ポケット | 腰ポケット | 背裏


お客さまの声

ARMADIOでオーダースーツ・オーダーシャツをご依頼いただいたお客さまの、ご感想やオーダーの仕様などをお送りしております。

取扱いのスーツ生地のご案内

ARMADIOで取り扱っているスーツの生地ブランドのご案内です。縫製は国内で行っております。


オーダーに関する不明点やご来店のご予約は下記をご利用ください

  • ご利用案内

    オーダースーツのご注文から完成までの流れや、オーダーに関するよくあるご質問など。

  • お問い合わせ

    オーダースーツ・オーダーシャツに関する事からお店の事までお気軽にお問い合わせください。

  • 来店のご予約

    スーツ・シャツのオーダーをご希望のお客さまはこちらのフォームよりご希望のご来店日時をご連絡ください